いい住まいを見つけるために

週末の折り込み広告で間取りを見るのが好き!という方はいませんか?
スーモやアットホームとか住まい探しの間取りを見るのが好きっていう人、いますよね?
引っ越しの予定がないのに不動産のページをよく見ているとか。。。

それ!いい住まいを見つけるためにとても大切なことです!
間取りを見て自分を知ることができるんです。


家を探そうと思った時に、不動産屋さんから紹介してもらった数か所の間取りを見るよりも、日ごろから間取りを眺めている人の方が、満足度の高い家、部屋を見つけられます。

私は、子どもの頃、父が新聞とともに、よく週末の不動産チラシをよく眺めていたのを思い出します。
すでに家があるのに、どうして毎回じっと眺めてるのかなー?なんて子供ながらに思っていたのですが、いつの頃からか、私自身も間取り図を眺めることが好きだということに気が付きました。

もちろんその後、好きすぎて、住居系の学校に行くことになったのですけど(その話はまた今度)

私も見始めたら、止まらないんですよね。
妊娠中、仕事のお休みをいただいていた時には、新しい家探しのために、不動産屋さんのHPを、一日中、時間を忘れて、何時間も見ていたのを思い出します。

間取り図をみていると、自分がその建物に住んだらどんな暮らしをするのかな?って想像するのが楽しいんです。外観や、内観の写真をみるとさらに夢膨らむといった言葉がぴったりです。

現実的に住むことを考えると、場所と価格のすり合わせで、徐々に自分の中で絞っていくわけですが、、、

その時に皆さんは譲れない条件って常にもっていますか?

場所として、駅の近くが絶対いい人。
子どもの通える幼稚園や学校がそばにあること。
緑の多い場所。
見晴らしのよい場所。などなど。

間取りでいったら、対面式キッチンがいいとか、独立キッチンがいいとか。
南向きがいい人。
トイレ、お風呂は別がいい人。
家族の気配が感じられる間取りがいい人。

いまこれを読んでる方もきっと、我が家なら・・これとこれかな?
ときっと考えているかと思います。

それ!とっても大切なんです。

それぞれ、世代、男性、女性、独身、子育て世帯、ペットを飼いたい人など、
条件はそれぞれです。

今の家ではここが不満・不便だから、今度の家では。そこを解消したいと思う。

自分の条件を持つ!
1つでも2つでも、自分の譲れない条件があれば、快適な住まいが見つかりやすくなります。
インテリア空間も同じです。
自分はこんなに物を持っているから、もう少し収納量の多い間取りの方が良い。
収納家具をきちんとおけるスペースが必要。
料理が好きなのに、キッチンが狭すぎてうまく家事が進まない。

賃貸住宅にせよ、注文住宅にせよ、自分の条件が全くなければ、自分に似合うピッタリな家を探して!この価格で家をつくって!と言ってもなかなか相手には伝わりにくく、納得のいく家に出会えないものです。

住まいは、賃貸でさえ、一度引っ越しをしてしまったら、なかなか住み替えるのには大変な労力がいりますね。

間取り図を見るて自分を知る=自分の生活に興味をもつ。

自分ならどのくらいの広さがあれば、過ごしやすい。とか、どのくらいの広さならば家族との距離感がちょうど良いなどを、現在の間取り図を見ながら、日々の暮らしを考えてみるのが有効ですね。

ぜひ、時間が許せば、さまざまなタイプの間取り図をみながら、自分の暮らしと家族の暮らしに、向き合ってもらえたらいいな。そして、ご自身にとっての最高の住まいにぜひ出会ってほしいです。


ランキングに参加中!ぜひ👇🏻それぞれポチっと1日1回押してください🙏🏻1票入ります。
↓↓↓票が入るとランキングが上がる仕組みです。ブログを書くのに励みになるのでぜひよろしくお願いします。↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ